3才保育室

3才クラス 

 わかば幼稚園の年少クラスは、週5日お母さんから離れて遊ぶクラスです。お母さんに甘えたい気持ちの中に「ちょっと冒険してみたい」という想いが見え始めたタイミングで、先生や友だちと遊びましょう。学習は常に遊びの中にあります。言葉で教えるよりも、叱るよりも、楽しく遊ぶことの方が遥かに多くのことを学べるのです。
 
 「今はどうしてもこれがしたい」、「さっきまで遊んでいたのにもう今はやりたくない」一見わがままにも思えるこういう様子も、実は大切な成長のステップ。子どもに自我が芽生えてきた証拠です。
 「どーしてできないの」と思うことはありませんか?そんな時こそ先生に応援を求めて下さい。発達に合わせたカリキュラムで経験豊かな教諭が保育を進めていきます。
 
 
週5日
伝承遊び

3才クラスの生活

 園庭と室内で子どもたちは、自分の好きな遊びを見つけ、満足するまで遊びます。
 3才の子どもの心の動きにお母さんと一緒に寄り添い、安心して興味を遊びに向けられる環境が子どもの「やってみたい」を引き出します。
  園庭で、年長、年中児と遊ぶ他に 3才クラス専用のお庭で、同学年の友だちと遊び、友だちとのかかわり方を学んでいきます。 
 

.

 成長を見守る

 
 子どもの成長の早さは本来みんなちがうもの。それを無理に揃えようとせず、子どもの成長に合わせた丁寧な社会生活を3才クラスではじめましょう。
 集団生活に新しく加わるのは、大人でも勇気のいることです。「まだおかあさんと一緒にいたい」これは素晴らしいことです。言われたら嬉しくなる言葉です。子どものそういう気持ちを大事にしながら、少しずつ楽しい瞬間を積み重ねましょう。解るようになること、出来るようになることは、子ども自身が感じる喜びです。
 3才クラスでは大人の意見を子どもに押し通すのではなく、子どもの様子に大人が寄り添うかたちで保育が進められます。自立していくことを楽しむ子どもの心を、先生とお母さんで喜びをもって見守っていきましょう。
 

.
.
 

安心な環境

 

 3才クラスは、担任の他に4名の先生が保育をサポートします。
 3才保育室の南に面した専用のお庭には、滑り台と雨の日でも使えるお砂場が用意されています。3才クラスのお庭とわかば幼稚園の広いお庭は安全な通路でつながれていて、園庭で年中組、年長組の友だちとも交流します。
 また、夏にはサンルームにあるプールで遊びます。 
 「なかなかトイレが一人で出来ない」「言うことを聞かない」など困ったことがあったら先生に聞いてみましょう。懇談会では、みんなが知りたい「子育てのちょっとしたコツ」をお話しします。
3才保育
 
懇談