川崎若葉幼稚園 安全管理
川崎若葉幼稚園 避難訓練

 

 消防署とセキュリティー会社と連携して定期的に避難訓練を行っています。先生の指示に従って素早く動く練習です。職員もその都度、三角巾の巻き方、救急法などを実習します。
 園内には水と非常食を備蓄し、防災頭巾になる座布団を採用しています。そしてカーテンなど園内全ての布は防炎仕様で、火災報知器のメンテナンスも定期的に実施し、日頃から防災に取り組んでいます。

.

 
AED
職員は全員、消防署で講習を受けています。
 
AEDを設置しています。電池やパッドのメンテナンスを定期的に行い、職員は全員 AEDの使い方の講習を受けています。


 
オートロック
保育時間内は施錠します。
 
登園時間、降園時間以外は門を施錠します。 園庭側の門はオートロックです。 不審者侵入防止の為にも、来園した際にはインターホンをご利用下さい。


 
IDカード
保護者カードがないと園内には入れません。
 
在園期間中、幼稚園の備品として貸し出します。来園時、送迎時は必ず着用します。これが無いと原則として幼稚園に入ることは出来ません。


 
監視カメラ
安心の土台の上に保育があります。
 
4台のセキュリティーカメラを含む園全体のセキュリティーシステムは、セコム株式会社に委託しています。


 
地域の安全
先生たちがまもってくれる。
 
川崎市の推進する「こども110番」の事業に協力しています。不審な人からの被害にあいそうになったら幼稚園が保護します。

耐震強度

園舎は耐震耐火造で、国の耐震強度の基準をクリアしています。
国が定めた構造耐震指数(Is値)0.9に対し、基準設定以前に建てられた旧園舎でもIs値1.12と、基準を上回っています。